生涯エンジニアの備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS エクセルVBAとアクセスDBの使い方(6) ーコンボボックスー

<<   作成日時 : 2017/02/08 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、エクセルVBAの便利なコントロールの説明です。
入力フォームでは、ラベルとテキストボックスを使いましたが、何度も同じテキストを入力するのは疲れます。VBAでは、そういう場合は、コンボボックスを使います。右横にドロップダウン用のボタンがついていて、クリックすると下にドロップダウンリストが現れて、その中から適切なものを選んでクリックすると、テキストボックスの中に入ります。
これらを利用日だけ除きすべてコンボボックスに変えたものが下のフォームです。
画像

どうして利用日はテキストボックスのまま残し、右横におおきめの▼ボタンを配置したかというと、コンボボックスではできない機能を使いたいからでした。年月日を選ぶには、年と月と日をそれぞれ選んでいかないといけません。普通は、当日から何日か後の日を予約するので、数日分をコンボボックスに用意すればよさそうですが、カレンダのような表から選べたら便利です。
画像

このカレンダで日付の日をクリックすれば、テキストボックスに年月日がはいってきます。
これは意外と便利で、昔は、VBAにも標準でコントロールがついていたようですが、現在は標準ではありません。
さて、コンボボックスの機能にもどると、ドロップダウンリストの設定を次のように行います。
画像

これを設定するには、AddItemというメソッドを使います。
例えば、予約者の設定には、userform1をダブルクリックして、initializeを選び、
Private Sub UserForm_Initialize()
      ComboBox1.AddItem ”田中”
      ComboBox1.AddItem ”鈴木”
      ComboBox1.AddItem ”佐藤”
      ComboBox1.AddItem ”河野”
      ComboBox1.AddItem ”安部”
というふうにします。
これで実行して、予約者名のコンボボックスのドロップダウンリストを表示すると次のようになります。
画像


またさきほどのカレンダの表示はつぎのようになります。
画像


次回は、エクセルシートからこの設定をする方法を説明します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エクセルVBAとアクセスDBの使い方(6) ーコンボボックスー 生涯エンジニアの備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる